吉本興業、所属芸人から不満続出で分裂危機…岡本社長がダラダラ5時間半会見

 雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら所属芸人11人が反社会勢力から金銭を受け取っていた闇営業問題で、吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、東京都内で会見し、騒動を謝罪した。契約解消した宮迫の処分撤回を表明して復帰を呼びかけたが、宮迫と亮が応じるかは未定。また、お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)がこの日、レギュラー番組で「社長、会長の体制が続くのなら吉本を辞める」と明言も、岡本社長と大崎洋会長(65)は辞任を否定。笑いの王国が分裂危機に陥った。

 問題発覚から47日目、ようやく経営トップが会見した。宮迫と亮の謝罪と“告発”を受け、苦渋の選択ともいえる追い込まれた状態での釈明。その内容はお粗末のひと言に尽きた。

 300人超の報道陣が殺到した会見は、全ての質問に答える形で午後2時にスタートし、終了したのは同7時半。途中、約10分の休憩を挟んで5時間半にも及んだ。

 岡本社長は騒動を謝罪した上で「コンプライアンス(法令順守)を徹底し、芸人ファーストで物事を考えます」と表明。

 契約解消の宮迫と解雇を覚悟した亮が捨て身で謝罪会見を行ったことに「本当につらい思いをさせた」と頭を下げ、「もし彼らの気持ちが受け入れてもらえるのなら…」と涙。その直後、宮迫の処分撤回を発表した。

 決裂状態の亮も含めた2人が受け入れる条件付きだが、「同じテーブルに座って、どう信頼を取り戻せるか話し合いたい」と決意表明した。ダウンタウンの元マネジャーだった大崎会長と太いパイプを持つ松本人志(55)が仲裁に乗り出したとはいえ、溝が簡単に埋まって2人が吉本に復帰するとは考えづらい。

 信頼関係を損ねた原因は社長の暴言にある。「会見するのなら全員クビ」と言ったことに岡本社長は「彼らに(振り込め詐欺の)被害者への思いが感じられなかったのと父親が息子に『もう勘当や』という気持ちで言った」と弁明。

 「テープ回してないやろうな?」の発言には「空気を変えるため冗談で和ませようと思った。相手がパワハラと感じるのなら、そうでしょう。僕の全く駄目なところで不徳の致すところ」と苦しい言い訳をした。

 自身の進退については大崎会長とともに4月までさかのぼって1年間50%の減俸のみで、「まだまだいろんな調査があるので辞任は考えていません。私自身が変わることで評価をしていただければ」と明言。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ