加藤浩次、退社保留!会長と3時間会談も「平行線」 再面談を希望

 闇営業問題に端を発した騒動に揺れる吉本興業から退社宣言したお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)が24日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)に生出演。前日23日に行った同社の大崎洋会長(65)との面談について語った。大崎会長、岡本昭彦社長(52)の辞任を残留の“条件”とするが、現体制を続ける意向を告げられたという。去就は保留で「引き続き話をしながら決定していきたい」と希望した。

 闇営業問題から芸人の経営陣バッシングに発展し、論点がずれてきた吉本興業の騒動。急先鋒で退社宣言した加藤が、去就保留を明らかにした。

 闇営業問題の謝罪で“パワハラ”を告発する形となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の会見を受け、22日の「スッキリ」で「経営側が変わらなきゃ駄目!」と声を荒らげて退社宣言した加藤。大崎会長と前夜に3時間の面談をして一夜明けたこの日は一転して冷静な口調で、「こんな騒ぎになってしまったことは本当に申し訳ないと思ってます」と謝罪した。

 会談では「大崎会長は自分の今の体制で、何とか吉本をこれから変えていきたいんだという話をされました」と現体制を維持する意向を明かされ、自身は亮と宮迫、岡本社長の両者の会見に「まだ齟齬(そご)がありますよ」と指摘したと告白。「岡本社長がやった会見を(大崎会長が)そこまで悪いと思っていないのが、『ちょっと、ん?』という部分があった。でも、それは会社側の考え方。僕の考え方とはちょっと違っていた」と疑問を投げかけた。

 また、大崎会長には退社宣言の真意として、「こんなこと(会見)を芸人にさせる会社っていうのは僕はもういられないという気持ちであの発言をしたんです」と説明したといい、「僕自身の意思は固いんです」と伝えたという。大崎会長からは「それは今決めることはできへん」と言われ、「まだ平行線のまま」と結論が出なかったことを明かした。

 最後は「会社としてどういう改革ができるのかを大崎さんにしっかり聞いてお伝えできればと思っています」と再面談を希望。怒りに震えた加藤は、スッキリした結末を迎えられるのか-。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ