山本譲二、大腸がんの手術を受けていた「命のある限り歌い続けたい」

 歌手、山本譲二(69)が25日、東京・ザ ストリングス 表参道でデビュー45周年記念曲「人は旅人」のディナーショーを行ない、5月30日に東京都内の病院で大腸がんの手術したと明かした。

 山本によると、同22日午前2~3時ごろ腹痛を訴えて緊急入院。検査の結果、ステージIIAの大腸がんと腸閉塞と診断され、同日に内視鏡で腸を広げる手術をした。

 この日共演した盟友で、新曲の作詞作曲を担当した歌手、吉幾三(66)から医師を紹介してもらい、大腸を20センチ切除。患部は7センチに及んでいた。6月6日に退院し、同29日に22カ所のリンパと内臓を検査したが転移はなく、今後は6カ月に1度の経過観察を受けるという。

 関係者によると、山本は数日前に熱などのかぜのような症状があり、病院に行かず、風邪薬を飲むなどして対応した。告知を受けた際の心境については「突然がんだと言われたら、みなさんどうしますか?」と訴え、当時の動揺を表現した。

 ステージでは「人は旅人」などを力強く熱唱。がんの報告が遅れたことについて「95歳の母親に心配をかけたくなかった」と説明したが、デビュー日のこの日、「ファンの方に報告しないのは水くさい」と考えて報告を決めたという。今後については「命のある限り歌い続けたい」と決意していた。

 一方、個人事務所の社長でもある吉は吉本芸人の闇営業問題について聞かれると、「社長としては若い人を守る」と強調。山本は「(漫才師の)横山のやっさん(横山やすし)が生きていたら何と言っただろう」と想像していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ