哲夫が「社員さんの待遇改善を」

 お笑いコンビ、笑い飯の哲夫(44)が25日、大阪市中央区のテレビ大阪で「なにわ淀川花火大会生中継2019」(8月10日、後7・40)の会見に出席。「闇営業」問題に端を発する騒動に揺れる吉本興業がこの日、「経営アドバイザリー委員会」を設置したことに持論を述べた。

 「芸人のことより、社員さんが『全然給料上がってへん』って聞く。社員さんが上に話をできる会社にして、社員さんがよりよい仕事ができるようにすることで、芸人がいい仕事をさせてもらう環境ができる。そちらが大事な問題点」

 一連の騒動に関しては、「問題点が二転三転しているので問題点を分析して冷静に判断してほしいですね」と話した。

 芸人になる前に詐欺に遭った経験から「詐欺ということがどれだけ腹立つことか認識すべきだと思う。この機会にみんなに言いたいのは詐欺って引っかかったら、引っかかったもん損やから。返って来ませんよ。ここが一番大事」と説いた。

 会見では芸能界きっての花火マニアを自負しており、「うるさいという声とわかりやすいという声を半々いただけるようにそこそこな解説をしていきたい」と意気込んだ。途中、力説しすぎたのか「しゃべるのが早すぎてすみません。みなさまの筆を見ながらしゃべらないと。でもみなさん、テープ回しているのとちゃうん?」と吉本興業・岡本昭彦社長(52)を引き合いに出し、笑わせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ