V6トニセンがジャニーさんへ思い「新大久保駅あたりでタピオカを飲んでいるかも」

  V6の年長3人組、20th Century(トニセン)の主演舞台「カノトイハナサガモノラ」(脚本・演出、御徒町凧)が27日、東京・新宿区の東京グローブ座で初日公演を迎えた。

 2年半ぶりの上演となる、トニセンの音楽と演劇が融合した新感覚舞台「TTT」の第2弾。坂本昌行(47)のタップダンスや長野博(46)の胴体より上が離れても歌い続けるマジック、井ノ原快彦(43)のフライングシーンなど見どころが満載。

 公演前に会見した3人は9日に死去したジャニー喜多川社長(享年87)に思いをはせ、「ジャニーさんは人を驚かせるのが好きだったから、胴体が真っ二つになるマジックは喜んでいると思います。今頃、(天国から見に来て、最寄り駅の)新大久保駅あたりでタピオカを飲んでいるかも」としみじみ語った。

 劇中、井ノ原が坂本に「彼女いるの?」と質問するシーンを会見で報道陣が同じように突っ込むと、坂本は「唐突だな」と同じせりふで返し、苦笑。V6のメンバーで独身は坂本と三宅健(40)だけで、井ノ原が「いつも健と一緒にいるからね」とふると、坂本は「電話がきますよ。寂しいんじゃないかな」と明かした。

 同所で8月20日まで。同30日~9月1日に北九州芸術劇場、9月7~10日に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ