田口淳之介被告と小嶺麗奈被告の判決延期、小嶺被告の弁護人「大迷惑」

 大麻取締法違反(所持)の罪に問われ、30日に判決が言い渡される予定だったアイドルグループ、KAT-TUNの元メンバー、田口淳之介被告(33)と元女優、小嶺麗奈被告(39)の判決期日を延期すると29日、東京地裁が決定。検察側が変更を請求し、新たな期日は未定という。

 東京地検公判部は「捜査・公判に関わることなので理由は言えない」と説明。一方、小嶺被告の弁護人である望月宣武弁護士はツイッターで「捜査機関のミスが原因で、無罪判決になりかねないことが判明したからです。こっちには何の問題も過失もありません。大迷惑です」とつづった。

 司法関係者によると、判決期日が弁護士のスケジュールや被告の体調などで変更されることは珍しくないが、小嶺の弁護士が指摘した「捜査機関のミス」という理由は異例だという。

 起訴状によると、両被告は5月22日、同棲していた東京・世田谷区のマンションで乾燥大麻約2・2グラムを所持したとされる。今月11日の初公判では2人とも起訴内容を認め、検察側がいずれも懲役6月を求刑して即日結審。小嶺被告が法廷で「結婚したい」と求婚し、田口被告も受け入れて話題になっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ