A.B.C-Z暴露!ジャニーさん怒“伝説”&滝沢氏の“タッキー伝説”

 男性5人組、A.B.C-Zが30日、東京・丸の内の東京會舘で行われた主演舞台「ジャニーズ伝説2019」(10月7~29日、東京・有楽町の日生劇場)の製作発表に出席。タイトルにかけ、9日に亡くなったジャニーズ事務所社長、故ジャニー喜多川さん(享年87)にまつわる“伝説”が次々と飛び出した。

 同作はジャニーさんが作・構成・演出をして2013年に初演され、今回で5度目の公演。1962年に結成されたジャニーズ事務所の初代グループ、ジャニーズの奮闘や成長を描く作品だ。

 会見では、河合郁人(31)が自身たちのデビュー曲「Za ABC~5stars~」にまつわるジャニーさんの秘話を披露。「『YOUたちは何でも自分で決めるんだよ』と言われて30曲の中からデビュー曲を選んだのに、ジャニーさんが全然違う曲を持ってきた」と苦笑した。

 五関晃一(34)は「街で『ジャニーさん』と声を掛けたら、『僕がジャニーだとバレるだろ!』と僕より大きな声で言われた」と告白。「なんて呼べばいいか聞いたら、『何でもあるでしょ。ボスとか』」と提案されたと笑わせた。

 話題は舞台の演出補佐を務める滝沢秀明氏(37)の“タッキー伝説”にも飛び火。河合は「滝沢くんのバック(ダンサー)についた人はCDデビューできる」と縁起のいい秘話を披露した。

 今回の公演ではKinKi Kidsの堂本剛(40)が楽曲提供する。河合は「『未来のジャニーズのテーマ曲を書いてほしい』とお願いしたら、『ええよ』と即答してくれた」と感謝。常に日本のエンターテインメントを世界に発信したいと考えていたジャニーさんに思いをはせ、「ジャニーさんの夢である海外公演もやりたい」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ