吉本興業社長の「ファミリー」発言に芸人が納得しない理由

 雨上がり決死隊・宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による謝罪会見では、彼らが主張した吉本興業・岡本昭彦社長(52)の“パワハラ発言”に注目が集まった。そこで話題になったのが「ファミリー」だという言葉だ。ライターの井上絵美里氏が、芸能事務所のマネージャーの経験をもとに、芸人側と経営側の関係性について考察する。

 * * *

 7月20日に行われた宮迫博之と田村亮の記者会見で、田村が「本当に僕がファミリーだとするんだったら、僕は子どもだと思っています。子どもが正しいことを、本当に悪いことを謝ろうとしているのを止めるのが親ではないと思います、僕は」とコメントし、その2日後、岡本社長が記者会見で「タレント、社員を含めて吉本興業は全員が家族、ファミリーであると考えております」と発言した。

 この「ファミリー」という言葉について、極楽とんぼの加藤浩次(50)は自身が司会を務める『スッキリ』(日本テレビ系)で、「家族という言葉で僕は、なぁなぁにして欲しくない。なぜなら岡本社長に家族みたいに“頑張ってるか?”、家族みたいに“大丈夫か?”って言葉をかけられたことは、僕は一度もないから」とコメント。タカアンドトシのタカ(43)は自身のインスタグラムで(現在、投稿は削除されている)「ファミリーって言葉を簡単に使うよなぁ。意味わかってんのかなぁ。5990人の芸人はファミリーと感じたことないと思うけどなぁ」と投稿した。

 岡本社長の「ファミリー」というたとえは、危険だと私は感じた。なぜならば、ファミリー(身内)だと会社側が考えていても、すべての芸人が同じように感じているとは、私の経験上、思えないからだ。

 ◆会社と芸人の間にある「距離」

 私がマネージャーとして働いていた時代、実際に感じたことは、一部のマネージャーと若手芸人の間に“距離”があるということだった。

 マネージャーとして働くことを決めた際には、「誰が売れるかわからない。上下をつけず、みんなと仲良くしよう」と決め、若手芸人と接することを心がけた。若手芸人とコミュニケーションをとることで、どんな仕事ができるのかを聞き出し、クライアントへのプレゼンに役立てられるかもしれないと考えたからだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ