“元乃木坂”斎藤アナの生パフォーマンスにネット歓喜 「今朝最大のニュースだ」

 テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサー(22)が1日、「羽鳥慎一モーニングショー」(同局)に生出演し、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」の生歌と振り付けを披露した。番組MCの羽鳥慎一アナウンサー(48)からの“無茶ぶり”に斎藤アナが応えたもので、突然の展開にネットは大騒ぎ。「斎藤ちはる」がリアルタイム検索で上位に食い込む事態に発展した。

 この日の番組は、吉本興業が同社のタレント養成所「NSC」の合宿参加希望者に対し、「合宿中に死亡しても(同社は)責任は負わない」などとする同社への免責事項を盛り込んだ誓約書への署名を求めていたことを取り上げた。合宿ではダンス練習があり、その課題曲が2012年にリリースされた乃木坂46の「ぐるぐるカーテン」だった。斎藤アナは同局に入社する前は乃木坂46のメンバーとして活動。1期生としてグループを支えてきた。

羽鳥アナが「どうです?(生ダンス)いけます?頼んでいいですか?」と振ると、アシスタントの斎藤アナは「今ですか?いけますよ」と返答。「アナウンス部的にいいんですか?」という羽鳥アナに対し、斎藤アナは「大丈夫だと思います」と応じ、「いいですか、前に出て」と述べながらスタジオ中央に進み、音楽に合わせて振り付けと生歌を披露した。斎藤アナのパフォーマンスに出演者は拍手で大喜び。スタジオからは「すげー」「乃木坂だ」という歓声があがった。

予想だにしなかった展開にネットは騒然。SNSには「ついに番組内で乃木坂を踊る!」「斎藤ちはるのぐるカーは懐かしかった」「なんだかんだで今朝最大のニュースだ」「歌付きで良くやった!」「この厳しい暑さの中、爽やかな風が吹いた」「ありがたやありがたや… さすがモーニングショー」などのコメントが殺到した。

 斎藤アナの現役時代を思い出させる歌と踊りに感動したという声も多かった。ツイッターには「斎藤ちはるかわいいな」「たまたまテレビで見てたけど、かわいいなぁ」「電車の中でぐるぐるカーテンを踊る斎藤ちはるアナを見てニヤニヤしちゃいました。でも…胸アツ」「朝から素晴らしいものが見られました やっぱ、かわいいなぁ…」「生歌&生ダンスにすっかり魅了されてしまった 永久保存版確定」「すごいかわいかったし、こういう遊びもあると視聴者はうれしいかも」といったコメントが相次いだ。

 斎藤アナのパフォーマンス後、同局の玉川徹氏が前のめりで感想を述べた。歓迎会などではパワハラになる恐れがあるため、斎藤アナに対しこれまでダンスや歌をお願いするのを自粛していたという玉川氏。興奮を隠し切れない様子で、「今まで見たいんだけど、一切要求しなかった。やっと見られたわー」と話し、番組を盛り上げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ