水卜麻美アナが「スッキリ」本番中にまさか…ネット「ワロタw」「かわいすぎる」

 1日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、同局の水卜麻美アナウンサー(32)が生放送中にとった驚きの行動に、ネットでも笑いが起こった。

 番組では、この日発売となった歌手、浜崎あゆみ(40)の自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)について特集。浜崎は、著書の中で、エイベックスの松浦勝人会長(54)と過去に交際していたことを初告白している。

 出演者のコメントが続く中、MCを務める極楽とんぼの加藤浩次(50)が「水卜ちゃんも(浜崎の楽曲を)歌うんでしょ?」と質問。直後、画面上には、本に目を落とす水卜アナの姿が映し出された。何ごともなかったかのように本を閉じた水卜アナは「小中学生の時、ドンピシャで。気持ちを込めて歌ってたんで…」と返答。カラオケでも浜崎の楽曲を歌いこんできたことを身振りを交えながら明かした。

 その後、浜崎と松浦氏の関係について出演者がそれぞれ意見を述べる中、「まず、読んでみないと」と加藤。すると水卜アナは「今、読んでたら…」とぶっちゃけ、自ら本番中に同書を読んでいたことを白状してしまった。加藤から「本番中に読んでたの!?」という鋭いツッコミが入ったが、水卜アナは「もう、気になっちゃって…」と笑い飛ばした。

 ネットでも、水卜アナのまさかの行動は話題になった。SNSでは「本番中でも気になっちゃうミトちゃん」「ayuちゃんの本を本番中にガッツリミトちゃんが読んでた」などとネタにされ、さらに「本の内容より、本番中なのに水卜ちゃんが立ち読みしててワロタw」「本番中なのに気になってあゆの暴露本読み進めちゃう水卜ちゃんかわいすぎるwww」と、笑いを誘った。一方、水卜アナの“カラオケ発言”が気になったというユーザーもちらほら。ツイッターには「水卜師匠は浜崎あゆみが十八番なのか?」といったコメントも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ