田村淳、悩める胸中を吐露「吉本にもいたい。ロンブーも守りたい」

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)が1日、東京・帝国ホテルで行われた会長を務めるキャラクターのマネジメント会社「がちキャラ」の設立会見に出席。相方の田村亮(47)らが関わった闇営業問題に端を発する吉本興業の騒動を公の場で初めて語った。吉本との契約解消を宣言している亮と毎日電話で連絡を取り合っているが、今後については不透明。「僕は育ててもらった吉本にいたいけど、ロンドンブーツも守りたい」と吐露した。

 亮の進退問題で定まらないコンビの今後-。淳が複雑な心境を語った。

 亮や雨上がり決死隊の宮迫博之(49)らの闇営業問題に端を発する騒動以降、初めて報道陣の取材に応じた淳は「このタイミングで会見するのは迷ったのですが、5時間半かからないようにします。テープを回して取材をしてください」と、まずは吉本の岡本昭彦社長(52)の会見をネタに。

 亮とは毎日電話で連絡を取り合っており、近況について「感情の起伏が激しく、落ち込んでいるときもあれば、無理に笑っているときもある。話を聞いてあげている感じです」と告白。今後の話はできていないという。

 亮は謝罪会見で吉本との契約解消を宣言したが、吉本との話し合いはまだ実現していない。淳は「吉本が交渉のオファーをしているが、亮は応えていいか悩んでいる。個人的には交渉の場に行ってほしいけど、せかすようなことはせずに見守りたい」と気遣った。

 自身は亮が謹慎して以降、亮のソロレギュラー番組の代役を務めるなど孤軍奮闘中。亮の去就は淳自身とコンビの今後にも関わるだけに「僕としては戻ってきてほしい。僕は吉本に育ててもらったので、吉本にもいたい。ロンドンブーツも守りたい。岐路に立たされています」と吐露した。

 一部で亮が介護の勉強をしていると報じられたが、実際には高齢者に詐欺被害に注意を呼びかける啓蒙活動の準備をしていると説明。振り込め詐欺グループの会合に参加した反省からのようだ。

 マネジメント体制が批判されている吉本に向けては「改めてほしい点はいっぱいある。僕は会社とはドライでいいけど、ファミリーと言うなら、ファミリーとして扱ってほしい」。岡本社長には謹慎中の11人の芸人の早期復帰を求めたといい、謹慎生活を送る芸人には米俵を差し入れたことも告白。「会社としては全力で反省してほしい。一緒になって新しい吉本興業を。良い方向に向かってほしいです」と願った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ