公取委効果で…元スマ3人が地上波“解禁”!? テレビ各局「圧力なかった」

 これも公取委効果というべきか。元SMAPの稲垣吾郎(45)が登壇したトークイベントの様子が、翌日のテレビ各局の情報番組などで一斉に流されたのだ。テレビ各局も「(ジャニーズ事務所からの)圧力はなかった」と言っている手前、元スマ3人の地上波復帰もあながち遠くないのか、それとも…。

 稲垣が登場したのは舞台『君の輝く夜に ~FREE TIME, SHOW TIME~』のトークイベントで、7月29日に東京都内で行われた。

 「稲垣は7月9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長について、“ジャニーさんがいなかったら、この世界に立ってない”など話しており、ニュース性も高く情報番組として使うのは当然でしょう。これも公取委の動きの後だからです」と民放関係者。

 公取委をめぐっては、ジャニーズ事務所に対しても、退社した元SMAPの稲垣、香取慎吾(42)、草なぎ剛(45)の3人をテレビに出演させないようにテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして調査。疑いをもたれるような行為に対して口頭注意したのだ。

 7月29日に定例会見した日本テレビの小杉善信社長(65)も「一切そういった声は聞いておりません」と圧力を否定しただけに、日テレも『スッキリ』や夕方のニュース番組でイベントの様子を紹介した。

 「社長が圧力を否定した直後だったことも大きな要因。ちなみに『スッキリ』は、24日に五輪スタッフのユニホーム発表会見を紹介した際は、登壇した香取の映像は使いませんでした。2017年にもあるイベントを報じた際、稲垣らも登壇していたにもかかわらず、まったく映らなかったため、MCの加藤浩次が激怒したことがありました」とスポーツ紙記者。

 「地上波での“元スマ解禁”の第一歩となったのは確かだが、地上波に完全復帰できるかは微妙なところ。今は追い風ですが、一過性で終わる可能性もありますから」と先の民放関係者。

 その日は来るのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ