吉本“闇営業”問題に『西の女帝』がほえた!上沼恵美子、宮迫をバッサリ「悪い見本」

 タレント、上沼恵美子(64)が4日、MCを務める大阪・読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)で、収束の気配がない吉本興業の闇営業問題について“公開説教”を行った。張本人の雨上がり決死隊、宮迫博之(49)を「悪い見本」と斬り捨て、吉本の大崎洋会長(66)にも苦言。売れない若手芸人には「おもしろくなれ!」と一喝。7分間にわたり上沼節が冴えわたった。

 売れっ子タレントの闇営業発覚からお家騒動に発展した吉本興業に“西の女帝”がほえた。

 まずは宮迫とロンドンブーツ1号2号、田村亮(47)の謝罪会見。「温度差があったわ。亮さんはホントにうなだれて、反省して、やつれてた。宮迫さん…元気でした」と2人の対比で笑わせつつ本質に迫った。

 「会見させてくれなかった吉本に対して腹立った、辞めるつもりで出てきてますって言うけど…。あれ、謝罪になってない。あなたは悪い見本を見せたんですよ、後輩に。若手芸人は食べられないって方向にあなたは舵を切ったけど、違う。あなたが嘘をついたんやんか。そしたら、やっぱり(亮と)一緒にやつれてなアカン」

 宮迫をバッサリ斬り捨てると、今度は切っ先を大崎会長に向けた。

 多くの関西人と同様、土曜日はテレビの吉本新喜劇を見る習慣だった少女時代を振り返り、「大阪のシンボル、芸能文化は吉本興業。土曜日帰ってきたら(テレビで)新喜劇の幕が開く音を聞きながらたこやきを食べた。それを大崎さん、忘れないでほしい」と熱弁。「(吉本は)東京進出、アメリカも行ってます。そこに通天閣、串カツの香りを持ってってくださいよ。あなたはエッフェル塔を建てようとしてる。それはいらん」とキッパリ言い切った。続けて「大阪の笑いはバカバカしいナンセンス。あの吉本に帰らなアカンって。何を深刻ぶってんねん」と吉本に原点回帰を“懇願”した。

 最後は宮迫の謝罪会見を機に、公然と会社批判を始めた若手芸人に喝!

 「(薄給で)食べていかれへん? どうしたら宮迫さんのようになれる? 腕です。チャンスを吉本は作ってくれてるやんか。昔はM-1なんてなかったんやから。会場もいっぱいある」

 約7分の公開説教の最後は「ダウンタウン、(明石家)さんまさんになりたいならおもしろくなれ。それだけよ」と男前な一言で締めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ