Snow Man&SixTONES、ジャニーズ史上初の2組同時CDデビュー!

 ジャニーズJr.の9人組、Snow Manと6人組、SixTONES(ストーンズ)が来年、ジャニーズ史上初の2組同時CDデビューすることが8日、発表された。19年ぶりとなるJr.単独の東京ドーム公演でファンにサプライズ報告したSnow Manの岩本照(26)は「ここから戦いが始まる」と堂々宣言。Jr.の育成を任される滝沢秀明氏(37)は、自身がプロデュースするグループが初めてデビューすることになり、「世界に通用するグループに」と今は亡きジャニー喜多川さんの夢を改めて託した。

 かつてリーダー的存在でJr.を牽引したタッキーが、プロデューサーとして初めてJr.のグループをCDデビューさせる!

 公演中、スクリーンに「2020年 Snow Man SixTONES 同時CDデビュー決定」の文字が躍ると、5万5000人から歓喜の悲鳴が上がった。

 ジャニーズグループのデビュー時の平均最高年齢は、2012年のA.B.C-Zの23・6歳だが、2組は“最年長記録”を更新。現時点でSnow Manが24・4歳、SixTONESも23・7歳で、まさに長年の努力が実った形だ。

 また、個人でも記録を更新。現在27歳3カ月のSnow-の深澤辰哉、27歳1カ月の佐久間大介が、A.B.C-Z・五関晃一(34)が持つ26歳7カ月を上回った。

 Snow-の岩本とSixTONESのジェシー(23)は、06年10月に入所した同期。岩本は「ジャニーズがこれだけやれるというものを世界に広げたい」。ジェシーも「全アーティストがライバル。海外を意識したい」と野望に燃えた。

 ジャニーズJr.を育成・プロデュースするジャニーズアイランドの滝沢社長は、Jr.時代の2000年に開催された東京ドーム公演に出演。当時のJr.はデビュー組に負けない人気を誇っていた。

 Jr.の黄金期再来を目指し、今年1月の社長就任時から「一番の目標は東京ドーム公演」と奔走。19年ぶりとなる同公演が実現する1カ月前にジャニーさんが天に旅立ち、「今までのジャニーさんの演出の歴史を詰め込んだ。見せたかったな…」としみじみ語った。

 滝沢氏はデビューの計画について「3月からジャニーさんの構想を聞いていた」と告白。故人が倒れる2日前の6月16日に決定し、同28日に意識不明で入院していたジャニーさんのベッドを2組と囲みながら、「同時にCDデビューだよ。これからも競い合うグループでいて」という恩師の“遺言”を伝えた。

 Snow-は来春のアジア公演、SixTONESも今年から来年までの全国ツアーが決定。滝沢氏は「Snow Manはアジア、SixTONESは北米進出を目指す」と宣言。故人の夢をいつも隣で聞いていたタッキーが、Jr.の兄貴分2組と世界へも飛び出す。

★東西330人集結

 この日は東西Jr.のメンバー330人が大集合。Travis JapanやHiHi Jets、美 少年、なにわ男子、Aぇ!group(ええ ぐるーぷ)などが共演する一日限りのお祭りとなった。美 少年は米ロサンゼルスで行われる「二世週日本祭」への参加が決定。初の単独コンサートとして、なにわ男子は全国ツアー、Aぇ!groupは関西ツアーの開催を発表するなどJr.の“戦国時代”は激しさを増すばかりだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ