川崎麻世、カイヤとの離婚訴訟は年内決着へ

 俳優、川崎麻世(56)が9日、大阪・梅田のグランフロント大阪で開催される朗読劇「遠き夏の日」(10日まで)の公演前に囲み取材に応じ、妻でタレント、カイヤ(57)に対して起こしている離婚訴訟について、年内決着する見通しを明かした。

 「訴訟は相変わらずまだ続いています。長いですよね。もうそろそろ、年内くらいには何とかなるんじゃないんですかね」

 川崎とカイヤは1990年に結婚し、長女と長男をもうけるも、双方の異性問題が原因で別居状態が続いていた。2018年10月に川崎が訴訟を起こしたことが判明したが、カイヤは離婚を拒否。双方の主張に食い違いが生じていた。

 「(相手の主張は)折れないですね。そこが問題なんですよ」と状況を明かし、進捗(しんちょく)については「(終わりのメドが)だんだん見えてきているということだったし、あとは彼女が提出してくるものだったり。こっちは何の恐れもなく、ただ証拠は証拠として提出している」と話した。

 それでも「最初はこんな風になりたくなかったんですけどね」と円満解決を願っていた過去を振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ