さんま、「宮迫預かる」意思変わらずもぼやき「社員おらんねん」

 タレント、明石家さんま(64)が10日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・0)に出演。闇営業問題で吉本興業が契約解消の処分撤回を再検討中の雨上がり決死隊・宮迫博之(49)について言及。宮迫をさんまの個人事務所「オフィス事務所」で引き受けると発言してきたが、「宮迫を預かるという意味なんやけど、僕も入れてくれというやつが出てきて。ありがたいけれど、社員がおらんねん」とため息をついた。

 オフィス事務所は座骨神経痛に苦しんでいるベテラン社員のほか、最近入社した社員だけの小所帯だという。「腕のいいマネジャーに来てもらえると助かるんやけどなぁ。探すのは大変らしいのよ」とぼやいた。宮迫を預かると話してから「みんな手伝おうかと言ってくれるから、電話してても泣いてしまうことがあるんですよ」とこぼすと、レギュラーで元モーニング娘。のタレント、飯窪春菜(24)から「さんまさんも泣くこと、あるんですか」とツッコミ。これには「新川優愛ちゃんやろ、平山あやも好きだったんよ」と最近結婚を発表した女優の名を列挙して笑わせ、「あとは浜辺美波ちゃんと新木優子だな」と夢を語っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ