伊東ゆかり、日野皓正らとライブ 名曲にヒット曲で750人酔わす

 歌手、伊東ゆかり(72)が14日、東京・内幸町の帝国ホテルで行われた夏恒例ライブ「インペリアルジャズ2019」に出演した。

 「テネシー・ワルツ」「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」「センチメンタル・ジャーニー」などの名曲をはじめ、自身のヒット曲「小指の想い出」のジャズアレンジなど9曲をしっとりと聴かせ、750人を酔わせた。

 「子供の頃、進駐軍の英語の歌を全部ジャズだと思って歌っていました」と振り返り、「ティー・フォー・トゥー」では客席に降り、観客と手を合わせてタッチするサービスで盛り上げた。

 トランペット奏者の日野皓正(76)、ロカビリーで一世風靡した歌手のミッキー・カーチス(81)、男女コーラスグループのサーカスらも出演。最後に伊東、ミッキー、サーカスら6組で「明るい表通りで」を熱唱した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ