声優・三石琴乃の「科捜研の女」出演にファン歓喜「これは事件だわ!」

 人気声優の三石琴乃が、ドラマ「科捜研の女」(テレビ朝日系)の22日放送回に出演することが分かった。同番組公式サイトが15日に発表した。ネットでは、楽しみにするファンたちが沸いた。

 三石は、人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」(テレビ朝日系)の主人公・月野うさぎ役や、「新世紀エヴァンゲリオン」(テレビ東京系)の葛城ミサト役などで知られる。これまで、声のみのドラマ出演はあったが“女優”としては初。元病院長の男性が殺害される事件の鍵を握る、謎の美女という役どころだ。

 ツイッターでは「科捜研の女」「三石琴乃」が一時トレンドに入りし、コメントが続々と寄せられた。「三石琴乃さんが『科捜研の女』に出るの!?見るしかねえな」「永久保存版だなこれは!!!!」「これは事件だわ!!見ないと!!」など、歓喜の声があがった。

 三石は公式サイト内のインタビューで、「なぜオファーを頂いたのかは、クライマックスに明らかになる、役柄の設定を聞いて納得しました」とコメントしている。ネットでもこのことが話題となり、「オファー理由は見れば分かるみたいだからちょっと気になるな セーラームーンネタか??エヴァネタか??」と予想をするものも。「葛城ミサトが、科捜研の女の榊マリコ様に闘いを挑むのかな?」「歩行認証システムによって、月野うさぎとセーラームーンが同一人物であると見抜かれるとか、そんな話……?」「犯人に『逃げちゃダメ』って説得するとか『月に代わってお仕置き』するとかじゃないですかね。科捜研はたまにそういうネタやるし」と、アニメでの役に絡めたツイートも見られるなど、ファンならではの楽しみ方で盛り上がりをみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ