「サザエさん」放送開始50周年記念でSPアニメ&実写版ドラマ制作

 アニメ放送開始から今年50周年イヤーを迎えている国民的アニメ「サザエさん」(日曜後6・30)。それを記念してフジテレビは今秋、スペシャルアニメと実写版ドラマの豪華2本立てで、3・5時間にわたるSP番組を放送することを決めた。

 時代をさかのぼって描かれる過去のサザエさん一家のアニメに始まり、現在、少し先の未来を描いたアニメ、そして20年後の一家を描く実写ドラマを届ける。

 また、「あなたの一家が『サザエさん』に登場!」という企画で全国から選ばれた実在する28家族の中から3家族が今回のSPに実名で登場する。サザエさんが住むあさひが丘の町に個性豊かな実在の家族が加わるという楽しい企画だ。

 実写版のドラマで描くのは、20年後のサザエさん一家。すでに発表されている10年後の一家を描く舞台版に続き、登場人物が20歳年齢を重ねた設定の現代劇としてオリジナル脚本でハートフルな磯野家の物語を送る。キャストは近日中に発表される。

 なお、18日放送では、フグ田マスオ役の声優、増岡弘の出演が最後となる。41年もの長きにわたり愛され続けた増岡版マスオ。次週からは田中秀幸が3代目マスオとしてバトンを受け継ぐ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ