吉本の謹慎芸人が復帰 所属タレント向け説明会実施へ

 所属タレントが反社会的勢力のパーティーなどに参加し金銭を受け取っていた闇営業問題をめぐり、吉本興業は19日、お笑い芸人11人の謹慎処分を解除した。東京・新宿の劇場「ルミネtheよしもと」の昼公演で、八十島宏行さん(35)と常道裕史さん(36)のコンビ「2700」が復帰し、2人は冒頭「ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げ、コントを披露した。

 真栄田賢さん(43)と内間政成さん(43)のコンビ「スリムクラブ」と、くまだまさしさん(46)らも同じ劇場で芸能活動を再開した。

 吉本興業は同日、外部有識者からなる経営アドバイザリー委員会(座長・川上和久国際医療福祉大教授)の第2回会合を開催。川上氏によると、タレントが自らマネジメントを行う専属エージェント契約導入に伴い、タレント向けの説明会を順次実施していく考えであることが同社から報告されたという。

 委員からは、タレントに対し分かりやすい説明が行われているか、説明会を実際に見てチェックしたいなどの希望も出された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ