ガリット・福島が復帰、謝罪のち“せんとくん”姿で「きょうはいっぱいカメラが」

 反社会的勢力への闇営業問題で謹慎していたお笑いコンビ、ガリットチュウの福島善成(41)が20日、東京・新宿のルミネtheよしもとの公演で復帰した。

 前日19日に芸人11人の謹慎処分が解かれ、スリムクラブら7人が先に復帰したのに続いて登場。相方の熊谷茶(41)とコンビで並び、青のTシャツ姿で「本当に不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪。その後、奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」の姿で再登場し、甲高い声で「きょうはいっぱいカメラがある。何で? ガリットチュウ福島の復帰舞台だからだ」と自虐的に笑わせた。

 また、吉本興業から契約を解除され、明石家さんま(64)が個人事務所に受け入れたいと公言している雨上がり決死隊の宮迫博之(49)の近況について、この日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演した元芸人のインタビューマン山下氏が言及。先週から子供食堂を始め、事前告知せず現場を訪問し、子供たちにパスタなどを提供しているという。謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)とともに吉本からの去就は未定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ