星野源の全楽曲がストリーミング配信開始 「ついに」と喜ぶファン、一方で「不思議な気持ちでいっぱい」

 30日、シンガー・ソングライター、星野源(38)がこれまで発表した全楽曲の聴き放題型ストリーミング配信が開始された。星野の公式サイトやツイッターで発表されると、ネットではファンが大騒ぎ。サブスクリプション(定額制)サービスの解禁を意味する「サブスク解禁」というワードがツイッターのトレンド入りを果たし、ヤフーのリアルタイム検索では「星野源」が上位に食い込んだ。

 今回配信がスタートしたのは、2010年発売のファーストアルバム「ばかのうた」から18年発売の最新アルバム「POP VIRUS」まで。また、シングルでは「アイデア」「恋」「SUN」などのヒット曲をはじめ、カップリング曲も含まれている。Apple Music、Spotify、YouTube Musicなどの各種音楽配信サービスで利用できる。

 ツイッターでは「おー!!ついに星野源がサブスク解禁か!」「星野源全曲サブスク解禁は本当にデカい」と喜ぶ声が続々。星野のファンを公言している日本テレビの森圭介アナウンサー(40)も「星野源!サブスク解禁!アルバム全部持ってるけど!やっぱりうれしい!いつでもどこでもおげんさん!」とつぶやくなど、盛り上がりをみせた。「星野源、過去作は聞いてない作品もあるのでストリーミング解禁は嬉しい」など、過去の作品を楽しみたいというユーザーの声も多かった。

 すでに利用を開始したファンからは、「サブスク解禁を祝してリリース順に聴き返してます やっぱり星野源最高です」「星野源がサブスク解禁されたからはじめて初期のアルバムちゃんと聴いてみたけど(これが。。。、才能か。。。。。、これが。。。、混じりっけなしの『才能』ってやつかあ。。。、)ってなってる」など、さっそく感想が書き込まれた。

 一方で、「今は不思議な気持ちでいっぱいです でもストリーミング配信になってもずっと星野源さんの曲はお金を払ってCDを買って聴いていたいです」「とうとう解禁されたんですね。なんか寂しいけどCDが売れなくなるかも。世界中の人が聴けるから良いと思わなくては。おめでとうございます」と、今回のニュースを複雑な心境で受け止めるファンの声も見られた。

 それでも「源さんに少しでも興味を持たれた方が、よりスムーズに沼にズブズブはまってくれることを願っています」「ファンじゃない方にハードル高いシングルのカップリングがオススメ出来る!源さんの楽曲を海外で気軽にシェア出来る日がやっと来た!」と、星野の楽曲をより多くの人に聴いてもらう機会になることに期待する声もあがっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ