ジャニー喜多川さん 東京ドームでお別れの会

 「ジャニーズ事務所」の創業者で数多くの男性アイドルを育て、7月9日に解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため、87歳で亡くなったジャニー喜多川さんのお別れの会が4日、東京都文京区の東京ドームで開かれた。所属タレントのほか、多くの芸能関係者らが参列し、故人をしのんだ。

 会場の東京ドームには、開始前から、以前にジャニーズ事務所に所属していた郷ひろみさん、薬丸裕英さんら芸能界の著名人が続々と駆けつけた。

 ドームのグラウンド内に幅数十メートルの大きな舞台が設置され、中央にサングラス姿のジャニーさんの遺影が飾られる。ジャニーさんが「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」などとして、ギネスブックで紹介された写真だった。

 コンサートや舞台など、生前のジャニーさんの功績を紹介する映像などが流れた後、遺影を前に、現在ジャニーズ事務所に所属するタレントがずらりと並んだ。代表して、近藤真彦さんが「ジャニーさんの大好きな野球、球場です」と遺影に語りかけ、参列者に向けて、「ジャニーさんらしく、『ショー・マスト・ゴー・オン』。笑顔で見送ってください」とあいさつした。タレントの黒柳徹子さんら、ジャニーさんと親交のあった参列者らが献花した。

 参列した武田鉄矢さんは「ジャニーさんの息子らを預かって、(ドラマ「3年B組金八先生」の)中学の生徒役でずいぶん頑張ってもらったのでお礼を言わせてもらいました。言葉ばかりの私と違って、若者に惜しげもなく教育費として資本を投下した」とその功績をたたえながら悼んだ。

 また、元所属タレントだった中村繁之さんは「怒られた記憶ばかり」と苦笑しつつ、「また会いたい。会って何かひとこと言ってほしい」と恩人の死を惜しんだ。

 セレモニーを終え、取材に応じた嵐の松本潤さんは「ジャニーさんがこれからやりたかったことはたくさんあると思う。微力だとは思うが、自分たちもこの道をジャニーさんの思いと一緒に歩けたら」と話した。

 舞台の背景には、光GENJI、SMAP、KinKi Kids、嵐などのグループ名や田原俊彦さんらジャニーさんが世に送り出した歴代のタレントたちの名が映し出された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ