「嵐」が思い出語る ジャニーさんの遺志継ぐ決意あらた

 4日、東京ドームで開かれたジャニー喜多川さんのお別れの会に参列した嵐のメンバー5人が、ジャニーさんとの思い出を語り、遺志を継ぐ決意を新たにした。

 リーダーの大野智さんは「あいさつをはじめ、根本的なことを全部教わった」と感謝。桜井翔さんは「努力していれば、見てくれる人はいると実感させてくれた最初の人」と明かし、二宮和也さんは「人間性を高めるために『いろいろな経験をしなさい』と言われた」と話した。

 嵐としての活動は令和2年末で一時休止へ。相葉雅紀さんは「世界中に嵐を巻き起こしたい」と発言するよう指示されたデビュー時を振り返り「休止までの期間、その精神でやっていく」と気を引き締め、松本潤さんは「ジャニーさんが歩みたかった道をジャニーさんの思いと一緒に歩いていきたい」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ