関ジャニ∞・村上信五、胸中を語る「ジャニーさんからの宿題」

 関ジャニ∞の錦戸亮(34)が5日にグループ脱退とジャニーズ事務所退所を発表したことを受け、残りのメンバー5人がファンクラブ会員向けのサイトでコメントを発表した。村上信五(37)と大倉忠義(34)はこの日、東京都内でサンケイスポーツなどの取材に急きょ対応。村上は「ジャニーさんからの宿題」と受け止め、大倉は「パワーダウンしないように必死にやる」と力を込めた。

 錦戸のグループ脱退と事務所退所が発表されて3時間半後の午後7時半、村上と大倉が30分にわたり胸中を語った。

 取材場所は、村上がレギュラー番組の収録をしていた東京都内のスタジオから、次の仕事現場に向かうバスの車中。大倉も、取材を受けるためにわざわざ合流した。

 2人によると、5大ドームツアーと台湾公演を終えた昨年9月から、メンバー全員で4、5回、グループの今後について話し合いを重ね、意見をぶつけ合った。大倉は、グループ活動休止も視野に入っていたと激白。そこまで話がおよんだきっかけは、渋谷の退所と安田が2017年に患った脳腫瘍による体調の問題があった。

 グループにとっての緊急事態が重なったことで、メンバーは心身ともに疲労。大倉は「ヤスの病気のことで命のこと、人生についても考えた」と回想した。

 最初の話し合いから半年後の今年3月、錦戸が退所の意志を固めた。大倉は「選択肢の違いというか、チャレンジの方向性が違ったのかな」と、錦戸が決断に至った心の内を想像した。

 2年連続でのメンバー離脱はグループにとって大打撃となるため、村上は「当然引き止めました」と説明。「時間がたったら気持ちが変わるかも」と期待もしたが、錦戸の決断が覆ることはなく、今月3日のツアー最終日を迎えたという。

 今月4日には、ジャニー喜多川さんのお別れの会が東京ドームで営まれた。村上は「僕らのライブのセットで行われた。今回のことはジャニーさんがくれた宿題かな」と背筋を伸ばす。

 11月から5人体制で、47都道府県ツアーを開催。村上は「早く姿を見せた方がファンに安心してもらえる」。一方、一部で錦戸とともに脱退を噂されていた大倉は「辞めないです、僕は」と明言した。

 新体制の関ジャニが、苦難を乗り越えてさらなる輝きを放つ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ