タッキー社長サプライズ演出!ジャニーさん天から声で舞台“出演”

 ジャニーズJr.の9人組、Snow Manと6人組、SixTONES(ストーンズ)がメインキャストを務め、7日に東京・有楽町の日生劇場で開幕する舞台「少年たち To be!」(28日まで)に、事務所社長のジャニー喜多川さん(享年87)が声で出演していることが6日、分かった。

 この日、同所で行われた公開ゲネプロで明かされた。裏方に徹したジャニーさんの肉声が舞台で披露されるのは初だ。

 舞台はジャニーさんが企画・構成・総合演出し、1969年から半世紀にわたり上演されてきた名作。今回はジャニーさんの後継者であるジャニーズアイランドの滝沢秀明社長(37)が演出補佐などを担当し、第1部の本編最後にサプライズ演出を仕掛けた。

 ステージ上から幕が下り、2015年にNHKラジオで演出家、蜷川幸雄さん(享年80)と対談したジャニーさんの言葉を肉声に合わせて投影。

 「若い子はこれからどんどん伸びていく。大事にしなければいけない。僕はやりますよ、絶対に。死ぬ前に絶対」。約1分間にわたり、“オンステージ”を展開した。

 滝沢氏は「ジャニーさんの全ての言葉がここに詰まっている。『若い子を築きあげなきゃ』という言葉が一番しびれた」と恩師に思いをはせた。

 第2部のショータイムで躍動した両グループは、5年目の出演となる今回で同作を卒業。SixTONESの高地優吾(25)は「僕らも結成5年目。作品の完成度がグループの成長度になる」、Snow Manの佐久間大介(27)は「後輩にしっかりバトンを渡せるように走り抜けたい」と力を込めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ