ジャニーズ・菊池風磨、初主演舞台「ハムレット」に意欲的 初日公演は中止に

 8日に予定されていたSexy Zone・菊池風磨(24)の初主演舞台「HAMLET-ハムレット-」(東京・新宿区の東京グローブ座、8日~10月6日)の初日公演が、台風15号の影響で中止になった。

 公演を前に会見とフォトコールに出席した菊池は「台風が夜くるということで、お客さんも心配。安全を第一に考え、(中止を)協議中ということで、一筋縄でやらせてくれないのがハムレットですね」と話していた。

 「マクベス」「オセロ」「リア王」と並ぶシェークスピア悲劇の最高峰。デンマーク王子ハムレットが父を殺して母を奪い、王位を継いだ叔父に報復する不朽の名作。

 かつて市村正親(70)や内野聖陽(50)、藤原竜也(37)ら名優が演じたハムレット役に大抜擢(ばってき)された菊池は、「(主役が決定した当初は)伝達ミスだと思った。(中山)優馬(25)と風磨で間違えたのかと。3回確認しました。重圧もあったし、『できない』と思ったこともありました」と本音を語った。

 ただ、稽古が始まってからは演出家、森新太郎(43)の要求に応えるべく、日々研鑽(けんさん)を重ねた。

 劇中のフェンシングの場面については、「自分の意向で利き腕用にしてもらえるとは思っていなかった。場をを止めたくなかったから」と、稽古では左利きであることを明かさず右利き用の基本を教わり、マスターしてしまったという。

 納得できなければ何度も稽古を繰り返す森は、前日に指導したことが翌日には180度変わることもあったという。しかし菊池は「怒られたこともあったけど、理不尽なことで怒られていたJr.のときを思い出した(笑)。ジャニーさんに近いところがあり、懐かしいところがありました」と亡くなったジャニー喜多川社長と重ねていた様子。「ジャニー氏に見てもらいたかったか」と質問されると「(上演時間が)4時間もあるので『長いよ』といわれ、見にこなかったと思う。今の方が(天国から)見てくれてるんじゃないかな」と話した。

 ハムレットの恋人・オフィーリア役の南沢奈央(29)、母・ガートルード役の安蘭けい(48)らと共演する今回の舞台。菊池は「駆け抜けたときにどう感じるのかが楽しみ。少しずつ自信は得ているし、何かは絶対に感じる」と意欲的に話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ