小籔、闇営業問題は「一切影響ございませんでしたね」 吉本新喜劇60周年ツアー

 3月からスタートした「吉本新喜劇ワールドツアー~60周年それがどうした!~」の国内千秋楽が8日、大阪市中央区のなんばグランド花月で行われ、座長の川畑泰史(52)、小籔千豊(45)、すっちー(47)、酒井藍(32)らが出演した。

 全国47都道府県93公演で13万人を動員。6月から吉本興業では闇営業問題があったが、小籔は「一切影響ございませんでしたね」と、騒動とは無縁で完走した。

 11月からはアジア5カ国で8公演を行う。小籔は以前からの目標である「海外で英語の新喜劇」に加えて「70周年を盛り上げてくれる若手が出てくること」と目標を掲げた。

 さらに「この2人(すっちー、酒井藍)は今後、僕らより長く座長をやる。70周年がしょうもなかったら、この2人のせいやな」とプレッシャーをかけると、すっちーは「小籔さんを黙らせる若手が出てくることを期待します」と今後の目標をぶち上げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ