桑原和男、約半年ぶりに登場「石原さとみです」とボケ

 吉本新喜劇の小籔千豊(46)が主催する音楽フェス「KOYABU SONIC2019」が16日、大阪市住之江区のインテックス大阪で行われ、3日間続いたイベントの幕を閉じた。

 闇営業問題の謹慎処分から明けたスリムクラブ、レイザーラモンHG(43)、ムーディ勝山(39)がお笑いステージに出演。深々と一礼をして登場したスリムクラブの真栄田賢(43)は「3年前に川崎で飲食店のオーナーのパーティーに行きまして、3年後にその中の1人にそういう方がいたとわかり、無期限謹慎になりまして。帰ってきて漫才ができるなんて、ありがとうございます」と話した。

 さらに「最初はパニパニパニックで会社に謝罪文書けって言われて、正直な気持ちを書いたら『悔しいです』と2人とも書いていた。そしたら会社に『それは他のコンビだからやめとけ』って言われて…」と同じく闇営業で謹慎となったザブングルの得意フレーズをネタに笑いを誘った。

 「フォーーーッ」と両手を広げるネタを披露したHGは謹慎となった面々に注目。「謹慎メンバーに一発屋が3人(HG、ムーディ、天津・木村)いる。木村の発案で『三発屋』というグループを作りましたので、そちらの方もよろしくお願いします」とアピールした。

 吉本新喜劇も上演され、現役座員で最年長の桑原和男(83)も登場。3月1日に大阪・なんばグランド花月で行われた新喜劇の60周年記念公演以来、約半年ぶりに報道陣の前に姿を現した。「ごめんください。石原さとみです」とボケると拍手が起こり、終演後には「余生を送らせてもらっています。今後とも吉本新喜劇をよろしくお願いします」とあいさつした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ