「アニサマ」に響く京アニ追悼サウンド 15周年、成長するアニソン市場牽引

 さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で8月30日から3日間行われたアニメソングのイベント「アニメロサマーライブ」(アニサマ)。今年で15周年を迎え、市場規模が200億円まで成長したアニメ関連のライブの中でも最大規模を誇る。例年同様に大物歌手の登場や人気ユニットの再結集で話題をさらったほか、今年はアニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市、京アニ)の放火殺人事件の犠牲者を追悼するサウンドが会場に響きわたった。(尾崎豪一)

 ■アニソンの枠超え

 アニサマの朝は早い。初日の8月30日、午前9時のライブグッズ販売開始を前に、「早めに行かないと売り切れる」と午前7時半に会場に到着したが、すでに長蛇の列ができていた。「ものによっては30分で売り切れる」(物販担当者)というファンの熱にさっそく圧倒される。

 先頭に並んでいた千葉市花見川区の男性会社員(32)は第1回から毎年訪れる古参のファンで、「毎年『シクレ』が楽しみ」と話す。シクレとはシークレットゲストの略で、事前に予定されていないアーティストの参加を指す。過去には歌手の西川貴教さんや、ギタリストのマーティ・フリードマンさんらがサプライズで出演した。

 アニサマでは毎年、アニソンにあまり関わっていないアーティストの参加も目立つ。ゼネラルプロデューサーの斎藤光二氏は「アニソン以外で活躍するアーティストも、アニサマの盛り上がりを新鮮に楽しんで評価している」と説明する。

 今年も氷川きよしさんや鈴木雅之さんといった大物歌手が参加。特に鈴木さんは「アニソン界の大型新人」の触れ込みで登場し、自身初のアニメ主題歌を熱唱してファンを魅了した。

 ■急成長する市場規模

 第1回は「レコード会社を横断する大型イベントで、多くの人にアニソンのパワーを知ってもらいたい」(斎藤氏)と国立代々木競技場第一体育館(東京)でスタートしたアニサマ。年々規模を拡大し、今では屋内の音楽イベントではトップクラスの集客を誇る。15周年となった今年は3日間で8万4千人が来場した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ