スポーツキャスターや解説者に「謎の人選」が繰り返される理由

 2020年東京五輪を始め、スポーツイベントや大きな大会が目白押しだ。それに合わせてテレビや新聞などでは、次々と特別編成が組まれ、どんな人が出演するのか、ゲスト解説をつとめるのかが話題にのぼることが増えてきた。それに伴ってネット上で批判されがちなのが、有名タレントや元スポーツ選手の安易な起用だ。「有名人を起用する時代じゃなくなりつつあるとは思っていますが……」とこぼすのは、民放のスポーツ局プロデューサーだ。

 「特番のキャスターに有名タレントを起用して、それでスポーツに関心がない人にも見てもらおうというやり方も、そろそろ限界かなと感じることもあります。でも、現実にはまだ、有名人を起用した方が、数字(視聴率)も計算しやすい。もともとスポーツに興味がある人にとっては余計な演出だと思うかも知れませんが、興味がない人向けの導入としては、まだ有効なんです」

 浅く広く、多くの人に伝えるためには、派手な看板にあたる有名人の起用はまだ必要な状況が続いているというのだ。批判されがちなスポーツ特番への有名人起用だが、俳優の織田裕二のように『世界陸上』キャスターとして欠かせない存在になった人もいる。

 「織田さんは、『世界陸上』が始まる前に、必ずスポーツ局まで足を運んで、雑然としたフロアでスタッフ全員に向けて挨拶をしていくんです。本業じゃないのにそこまでしていく人は、他にいないですよ。本当に世界陸上を楽しみにしているんですね」(スポーツ局ディレクター)

 いまでは好感度が高い松岡修造も、当初は「騒がしくて見ていられない」「選手より自分が前へ出すぎる」など散々な評判だった。実際に、番組のなかで松岡がメインをつとめる特集コーナーになると視聴率が目に見えて下がる現象がしばらく続き、本人も悩んでいたという。しかし、根気よく続けるなかで伝える技術を身につけ、真摯な姿勢が伝わり評価を上げ、今や人気スポーツキャスターの一人だ。

 とはいえスポーツ特番のキャスター選びには、政治的な配慮が関与することもある。その局の人気番組に長年にわたり貢献してきたり、これから制作する新番組への出演交渉をスムーズにするための呼び水として利用されることもある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ