ブラマヨ小杉、真栄田賢の本音暴露

 MBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・58)にレギュラー出演しているお笑いコンビ、ブラックマヨネーズの小杉竜一(46)が2日、大阪市内で闇営業問題で無期限謹慎処分を受けていたスリムクラブ、真栄田賢(43)の“本音”を明かした。

 ともに高校時代はラグビー部に所属していたとあって、ラグビーW杯で日本がアイルランドに勝ったことは一大事。

 「いちばん興奮して電話してくれたのが真栄田。興奮しすぎて声ガラガラでなにを言うてるかわからへん。(前回大会の)南アフリカ戦でも夜中3時くらいに電話してきて、なに言うてるかわからへんかったけど」

 真栄田のハスキーボイスをイジる小杉は「日本代表、あのころと違って強なったなぁって話してたら、『僕はあの頃に戻りたいです』って最後にボソッと言うてた。そこだけはハッキリわかった。『おぉ』言うて切りました」と暴露した。

 経験者として今大会の“桜の戦士”については「やっぱりフォワード。スクラムで耐えて耐えてみたいなイメージやったのに、組み勝つわ、前半最後のスクラムでペナルティー取るわ。感動しました」と脱帽。

 アイルランド戦も「最後、アイルランドが蹴って(試合を)終わらっすて、なかなかないですよ。アイルランドが『もうええわ』って終わりよった。ボケ勝ちしましたからね」と、吉本新喜劇の定番ムーブに例え、「もう決勝トーナメント進出だけが目標やない。ベスト4、決勝。リザーブメンバーとも差がない」と期待をふくらませている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ