剛力彩芽、ZOZO前社長の前澤友作氏と破局!事務所社長にも報告

 女優、剛力彩芽(27)と衣料品通販サイト、ZOZOTOWNの創業者で前社長の前澤友作氏(43)が破局していたことが12日、分かった。関係者によると、10月27日に東京都内で行われたイベントにともに出席した後、関係にピリオドを打った。2人の交際は昨年4月に女性誌報道で発覚。その後はオープンな交際を続け、結婚するか注目を集めていた。

 注目のカップルが別れを選択していた。

 複数の関係者によると、決断したのは、ここ最近。剛力は10月27日に東京・恵比寿ガーデンプレイスで行われたイベントに登場した際、会場には前澤氏の姿も。翌28日には米ゴルファー、タイガー・ウッズ(43)が優勝した「PGAツアー ZOZOチャンピオンシップ」で大会名誉会長を務める前澤氏を見守る剛力の姿が報じられたばかりだったが、その後に破局した。剛力は所属するオスカープロモーションの社長に今月に入って別れを報告したという。

 2人は2018年4月に女性誌の報道で交際が発覚。前澤氏はインスタグラムに「(交際は)真剣ですよ! ちなみに昔からファンでした」と投稿し、剛力も「友作さんは、まるで子供みたいにピュアな方です」と交際を認めていた。

 2人はその後も、会員制の高級レストランでのデートや、プライベートジェットでサッカーW杯を観戦するなど、オープンな交際を続けてきた。

 前澤氏は剛力との交際を発表後、球界参入構想を明かしたり、米宇宙ベンチャーと契約して、23年に打ち上げを予定している月旅行の計画を発表するなど話題を提供。互いの私生活も重なって常に世間の注目を集めていた。

 関係者によると、剛力は「仕事を頑張りたい」と周囲に話しているという。失恋を経て、大きく成長した剛力の姿が見られそうだ。

■剛力彩芽(ごうりき・あやめ)

 1992(平成4)年8月27日生まれ、27歳。神奈川県出身。2002年、第8回全日本国民的美少女コンテストのオーディションをきっかけに芸能界入り。08年にファッション誌「Seventeen」の専属モデルとして活動を開始。その後は女優として、10年の映画「劇場版怪談レストラン」、11年のフジテレビ系「大切なことはすべて君が教えてくれた」、16年の舞台「祇園の姉妹」など多方面で活躍している。

■前澤友作(まえざわ・ゆうさく)

 1975(昭和50)年11月22日生まれ、43歳。千葉県出身。98年に輸入レコード、CDの通販を行う「有限会社スタート・トゥデイ」を設立。2004年に「ZOZOTOWN」を立ち上げ、昨年10月に社名を「ZOZO」へ。今年9月12日、同社がヤフー傘下に入ることを理由に社長を退任。翌13日に株式会社スタートトゥデイを設立し、代表取締役社長に就任。米経済誌フォーブスの「世界のIT長者トップ100」で17年59位。昨年3月期の連結売上高は984億3200万円にのぼる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ