岡村隆史は思案中「エージェント契約か、専属契約か、今まで通りか」

 お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史(49)が22日、東京・丸の内ピカデリーで行われた主演映画「決算!忠臣蔵」(中村義洋監督)の初日舞台あいさつにW主演の堤真一(55)ら共演陣と出席した。

 「ムービースターの岡村隆史です」とユーモアたっぷりに自己紹介すると「無事、撮り直すこともなく公開を迎えたことにうれしく思います」とあいさつ。自身が出演するNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、共演女優、沢尻エリカ容疑者(33)の逮捕によって撮り直しになったことをにおわせ、「タイムリーだと思ったので」と笑わせた。

 また、映画にちなんで「今年中に決算したいこと」を問われると、「契約問題ですね。ズルズル引き延ばされているんで」と、芸人の闇営業問題に端を発する吉本興業との契約について自ら切り出し、「エージェント契約か、専属契約か、今まで通りか。先日、チーフマネジャーからペンを渡されて書けと言われましたが、保留にしました」と告白。

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)がすでに専属エージェント契約を結んでいることに触れ、「加藤浩次がどれくらい得しているのか、損しているのか見ているところです」と保留理由を明かし、笑いを誘った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ