壇蜜結婚!ついに人妻… お相手は漫画家・清野とおる氏 永瀬白虎氏「IT社長じゃないのが彼女らしい」

 本紙でコラム「壇蜜のもっとハァハァしてる?」(月曜芸能面)を好評連載中のタレント、壇蜜(38)が「いい夫婦の日」である22日、「東京都北区赤羽」などでカルト的な人気を誇る漫画家、清野とおる氏(39)と結婚した。“愛人キャラ”でブレークした彼女がついに“人妻”になってしまった…。

 壇蜜は22日、ファンクラブの公式サイト内で直筆のメッセージを寄せ、ファンに結婚を報告。清野氏についても「どこか私の父のような雰囲気があり、惹かれていったのだと思います」と紹介。

 出会いのきっかけは、2017年3月に放送されたTBS系「櫻井・有吉THE夜会」。壇蜜が「気になって仕方がない男性」として清野氏の名を挙げ、清野氏が暮らす赤羽を舞台に、清野氏の漫画にも登場した中華料理店などをめぐるデート企画だった。

 同い年ということもあり、共演後にはプライベートで食事に行く機会を重ねていき、親交を深めていったという。

 壇蜜は2010年、『週刊SPA!』のグラビア企画で、本名でグラビアデビューし、同年に「壇蜜」に改名。12年にBSジャパン(現BSテレ東)の「ギルガメッシュLIGHT」にレギュラー出演。長い黒髪に白い肌、和風なたたずまいで妖艶な“愛人キャラ”としてブレークし、グラビア界を席巻した。

 12年に初主演した映画「私の奴隷になりなさい」ではフルヌードも披露。現在はテレビやラジオで多数のレギュラーをもち、文筆業でも本紙や週刊誌、新聞などで連載。日常の出来事をシニカルな視線で切り取ったコラムが人気だ。

 女優としても活躍。「半沢直樹」などの話題作に出演。18年後期のNHK連続テレビ小説「まんぷく」ではモデル役で登場し、情熱的なダンスを披露し話題を集めた。

 清野氏は個性的な絵柄でディープな人気を誇る漫画家。携帯サイトに掲載した「東京都北区赤羽」が注目され、15年には山田孝之主演でドラマ化もされた。

 壇蜜をブレーク前から知るライター、永瀬白虎氏は「愛人キャラから人妻キャラにシフトするのか。それにしても若手実業家とか、IT社長とかと結婚しないところが壇蜜さんらしい」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ