雨上がり・宮迫復帰へ、さんま奔走もテレビ局は困惑気味「いくらさんまさんが言っても…」

 闇営業問題で7月に吉本興業から契約解除されたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)。これからの復帰を見込んで今月21日、激励パーティーが開かれたが、出席したテレビ局関係者はみな一応に複雑な思いを抱えていたという。

 パーティーの発起人は、宮迫を個人事務所で受け入れることを表明しているタレント、明石家さんま(64)。「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに そして白紙に戻った男を囲む会」と題して、テレビ関係者や芸能関係者らが招待された。

 「都内の高級ホテルで開かれ、多くのマスコミが詰めかけましたが厳戒態勢でした。外はぴりぴりしていましたが、会場内はいたって穏やかだったそうです」とスポーツ紙記者。

 キー局の人気番組の関係者らが多く集まり、「さすがさんま」という会合だったという。さらに相方である蛍原徹(51)をはじめ、今田耕司(53)、東野幸治(52)ら芸人も多数姿を見せ、バックアップ体制をうかがわせた。

 しかしテレビ局関係者は浮かない表情をみせる。「もちろん、さんまさんが言えば、あれだけの人は集まるでしょう。しかし、どこまで協力できるかというと未知数です」と言葉を濁す。

 宮迫がレギュラーを務めていた「アメトーーク」を放送するテレビ朝日は26日の定例会見で、宮迫の番組復帰については「現状ございません。対応をみながら検討してまいりたい」とにべもない。

 「さんまさんが言うなら協力したいのはやまやま。しかし、スポンサーの意向は無視できない。いくらさんまさんが言っても、スポンサーが首を縦に振らないと、出演はあり得ないでしょうね」と先のテレビ局関係者。

 当のさんまもパーティーを開いてみて、改めて事態を重く受け止めているようだ。

 来年1月10日に東京・渋谷のシアターコクーンで開幕するさんまの主演舞台「七転抜刀!戸塚宿」で復帰するとみられていたが、さんま自身がラジオで「復帰しませんので」と“否定”。「まだ早いのはわかったし」とも。

 そのときはいつ来るのだろうか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ