「天気の子」が4部門候補 アニー賞

 アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる「第47回アニー賞」(国際アニメ映画協会主催)の各賞候補が2日発表され、新海誠監督の「天気の子」が「長編インディペンデント作品賞」「長編作品監督賞」など計4部門でノミネートされた。発表・授賞式は来年1月25日、米ロサンゼルスで行われる。今年のアニー賞では、細田守監督の「未来のミライ」が長編インディペンデント作品賞を受賞しており、「天気の子」が選ばれれば2年連続の日本作品受賞となる。新海監督は2017年のアニー賞でも「君の名は。」が候補に選ばれたが、受賞は逃した。

 「天気の子」は来年2月に発表される米アカデミー賞の国際長編映画賞(旧外国語映画賞)部門の日本代表と、長編アニメーション賞候補に選ばれており、来年1月に発表される最終候補に残るかどうかにも注目が集まっている。来年1月のアニー賞では、今石洋之監督の「プロメア」、高坂希太郎監督が児童文学をアニメ化した「若おかみは小学生!」も長編インディペンデント作品賞候補に。大ヒット中のディズニー映画「アナと雪の女王2」は8部門、「トイ・ストーリー4」も6部門でノミネートされた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ