川口春奈、帰蝶役に「大胆かつ丁寧に全身全霊」沢尻被告降板で代役

 来年放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、斎藤道三の娘で織田信長に嫁ぐ帰蝶を演じる女優、川口春奈(24)が13日、NHKを通じてコメントを発表した。

 川口は「時代劇は初出演で、帰蝶という役柄を大切に、大胆かつ丁寧に、そして芯のある様を全身全霊で演じさせて頂いています」と全力を注いでいることをアピール。さらに「帰蝶は知れば知るほど奥が深く、激動の時代を生きた姿は皆様に共感して頂けると思いますので、ぜひともご覧下さい」と呼びかけた。

 帰蝶は先月16日に麻薬取締法違反の罪で逮捕され、今月6日に起訴された女優、沢尻エリカ被告(33)が演じる予定だったが、事件を受けて降板。すでに沢尻被告の出演シーンが撮影されていたことにより撮り直しを余儀なくされており、「麒麟がくる」は当初の予定から2週繰り下げられ、来年1月19日に第1回が放送される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ