宮沢りえ「30年後に中山ひとみを演じるとは」アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」初日

 俳優、北村匠海(22)と女優、芳根京子(22)と宮沢りえ(46)が13日、東京・TOHOシネマズ日比谷で(村野佑太監督)の初日を迎えた。

 1988年に公開された実写映画「ぼくらの七日間戦争」の約30年後を描く作品で北村と芳根がW主演で声優を務めた。

 15歳の時に実写版でヒロイン・中山ひとみを演じて女優デビューした宮沢は、今作で同じ役柄の声を務め、「30年後に中山ひとみを演じるとは。デビュー作品が『ぼくらの七日間戦争』で本当に良かった」と感慨深げ。

 北村は「まさか15歳とは思えないというか、子供対大人という構図のはずが、宮沢さん含む子供たちが大人に見えて不思議な感じだった」と敬意を示し、「時代は移り変わりますけど、バトンを受け継げてよかったなと思いました」と笑顔。芳根も「こうやって大人になるんだって思った。あの時代の力強さを感じてすごくうらやましく思いました」とはにかんだ。

 宮沢は当時について「演技の経験が初めてで、撮影に入る前に2泊3日の合宿をして、エチュードみたいなことをやった。それが苦痛で苦痛で…。いつ、ここから抜け出せるんだろうと、演技に対する劣等感があった。他の方より経験が少なかったので苦労しました」と振り返った。

 最後は原作者の宗田理氏からサプライズで手紙が寄せられ、北村は「青春エンターテインメント、歴史的作品。もしかしたら30年後、違う『ぼくらの7日間戦争』に出られたらいいな」と語ると、芳根も「私も便乗させてください!」と声を弾ませていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ