近大医学部・頼晋也講師、笠井アナ半年後の寛解率「70~80%」

 近大医学部の頼晋也講師が19日、元フジテレビのフリーアナウンサー、笠井信輔(56)の病状について「悪性リンパ腫の約半数がびまん性大細胞型B細胞リンパ腫になる。びまん性とは広範囲に広がるという意味。リンパ腫は血液の中のリンパ球ががん化して血流によって全身を回り、全身のリンパ節が腫れること。大細胞は病理検査の際に細胞が大きく見えた状況のこと。リンパ球にはB細胞とT細胞があって、今回はB細胞ががん化したということ」と説明した。

 進行速度は中程度といわれているが、「治療は化学療法。3週間で1コースのパターンが多い。3週間に一度、2日かけて抗がん剤を点滴することを6回から8回繰り返し、4カ月から半年後に寛解(がんが消失する)するかどうか」と指摘。

 悪性リンパ腫は50代、60代に多いといい、「半年後の寛解率は70~80%。再発した場合も含めて治る確率は60%くらい。寛解しなければ違う薬を試すなど治療の強度を上げる」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ