木村文乃、今夏に演技トレーナーと離婚 所属事務所「事実です」

 2016年11月に当時30代後半の演技トレーナーと結婚した女優、木村文乃(32)が今年夏頃に離婚していたことが25日、分かった。所属事務所がサンケイスポーツの取材に「事実です」と認めた。

 原因は多忙ゆえの生活のすれ違い。木村は結婚後、NHK「サギデカ」、フジテレビ系「大奥 最終章」など主演作が続き、誰もが認める演技派スター女優に成長。一方、夫も仕事が順調で、次第に生活がすれ違うようになったという。その後、2人で将来について話し合った結果、互いを尊重するために円満に別々の道を行くことを決断。今年夏頃、約2年半の結婚生活に終止符を打った。

 2人は2010年頃に出会い、共通の芝居仲間と食事をするなどして交流。演技論をぶつけ合ううちに好意を寄せ合い、約2、3年の交際を経て16年に結婚した。木村はインスタグラムで結婚報告した際、「下を向いて歩いていた私に勇気や力をくれた明るく温かい太陽の様な方です」と紹介していた。

 木村は来年1月19日スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・0)で、長谷川博己(42)演じる主人公・明智光秀の正室・煕子という大役が決まっている。来年は気持ちを新たにさらなる飛躍を遂げそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ