岩井俊二監督「Love Letter」、日本映画専門チャンネルで26日放送

 日本映画専門チャンネルは、17日に岩井俊二監督(56)の最新作「ラストレター」が公開されることを記念し、「岩井俊二映画祭」と題した特集企画を3カ月連続で展開。26日は「Love Letter」(1995年)ほか関連全7作品を一挙放送する。

 7日には、東京・六本木で「Love Letter」公開収録イベントを実施。監督は「(公開から)25年後に、上映していただいている状況が監督冥利に尽きる」と長編デビュー作が再び大スクリーンで上映されたことへの感慨を口にした。

 「Love Letter」と最新作の「ラストレター」は、「すれ違いになった手紙」「学校の図書室」など共通するキーワードが多い。

 誕生のきっかけは、海外からの「Love Letter」のリメークオファーだったという。スマホ時代に、自然な形で手紙を登場させる演出を思いついたと明かした。

 「Love Letter」に出演した女優、中山美穂(49)と豊川悦司(57)が再び共演することも、長編デビュー作のファンにはうれしい設定だ。「『この2人で』と思ってニヤリとした」と会場の期待をあおった。

 なお、公開収録の模様は「Love Letter」とともに放送される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ