歌丸さんの孫弟子、田代沙織が長女出産「進次郎さん・クリステル夫妻と丸かぶり」

 故桂歌丸さんの一番弟子の落語家、桂歌春(70)の長女で、歌丸さんの孫弟子にあたるタレント、田代沙織(35)が17日午後、東京都内の病院で、2015年に結婚した一般男性の夫との間に第1子となる長女を出産した。

 レギュラーを務めるTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食&一直線」などでおなじみの田代は出産直後、本紙にメールで「進次郎さん・クリステル夫妻と丸かぶりですが、元気な女の子を出産しました。ひょっとして歌丸師匠の生まれ変わり!? でも、その割には髪の毛がフサフサです」とユーモラスに喜びの胸中を明かした。

 予定日の18日より1日早かったが、体重は3110グラムで母子ともに健康。歌春も初孫の誕生に大喜びだそうで、垂れ気味の目尻をさらに下げているという。田代は春風亭昇太(60)から「謎かけクイーン」の称号をもらっているほど、謎かけが得意なことでも知られる。

 「3月ぐらいには仕事復帰したい」と話しており、自身の体調などを見ながら、ラジオやテレビ、高座を含め仕事復帰する予定。「天国の歌丸師匠もきっと喜んでくれていると思います」と話しており、ママになってさらにパワーアップしそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ