ファン不満噴出! 中島美嘉主演舞台「イノサン」パリ公演が突如中止に 演劇関係者「主要キャストが降板…軋轢が顕在化」

 来月9日に予定されていた歌手の中島美嘉(36)の主演舞台「イノサン musicale」のパリ公演が突如中止されたことが波紋を広げている。製作サイドとキャストとの軋轢が報じられる中、上演まで1カ月を切った段階での中止に、ネット上は製作サイドの不始末に対する不満がうずまいている。

 ■公式サイトで説明も要領を得ず

 同作は、フランス革命のなか、実在した死刑執行人を描く人気コミックをミュージカル化。中島のほか、「Lead」の古屋敬多(31)や浅野ゆう子(59)らが出演、演出は宮本亜門氏(62)、音楽はギタリストのMIYAVI(38)が手がけ、昨年11~12月の東京公演は全席完売する人気だった。

 パリ公演の中止は14日、公式ホームページで発表された。製作サイドは「諸般の事情により、パリ公演を中止することとなりました」と説明しているが、どうも要領を得ない。

 しかし一部メディアでは、スケジュールの調整ミスや演出に関する連絡不足などで女性プロデューサーとキャスト、スタッフとの軋轢が生じていたと報じられている。

 「東京公演後には主要キャストが降板するなど軋轢が顕在化していた。宮本氏が海外渡航し不在の間に、稽古日程の調整ミスが起きたり、脚本の内容についても手を入れるか否かで意見の相違が起きるなど、不信感が広がっていたそうです」と演劇関係者は明かす。

 ファンの多い作品だけに、パリ公演への鑑賞ツアーも組まれていたほどだが、突然の事態に困惑が広がっている。製作サイドはオフィシャルツアーの申込者に対しては返金の意向を示しているが、ツアー以外の観覧者についての対応は示されていない。

 今回の公演中止も、ファンがパリの会場に直接問い合わせた結果、「中止だと言われた」とSNSで報告したことから、ファンの間で不安視する声が上がっていた。

 「その後、ようやく中止の公式発表がありました。舞台のDVD発売についても昨年末、インターネット予約をした後、必要なメールが返信されてこないという不満が相次ぐなど、製作サイドへの不信感が広がっていたこともあり、ファンの不満はピークです」と先の演劇関係者。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ