衛藤美彩、たい焼きは「セットがあれば皆さんの分も焼けます」

 元乃木坂46のメンバーで女優、衛藤美彩(27)が17日、大阪市中央区のシネマート心斎橋で行われた初主演映画「静かな雨」(中川龍太郎監督、2月7日公開)のプレミア上映会に出席した。

 事故で新しい記憶を短時間しか保てなくなった女性役。「SNS、インスタグラムで思い出を残す時代に、いまこの瞬間を誠実に大切に生きている映画」とPRした。

 1年前の撮影時は乃木坂在籍中。たい焼き店を営んでいる設定のため、「夜9時、10時に仕事が終わってから、毎日当たり前に焼いているレベルになるまで監修の師匠のところに通った」という。

 「監督から『作るだけに集中してはダメ』と言われ、(店のセットを)握手会のブースだと思って、来てくださった方と話をしながら焼いてました。いまでもセットがあれば皆さんの分も焼けます」

 昨年3月31日、インテックス大阪で行われた全国握手会で卒業後、同10月にプロ野球・埼玉西武ライオンズの源田壮亮内野手(26)と結婚した。

 「卒業してゆっくり過ごせるようになった」と本作もすでに3回鑑賞。「先週もフォトブックのお仕事で大阪に。女性スタッフとお好み焼きを5、6枚食べてからデザートのメニューを見てたら、マスターに『もぉええやろ! あんたが一番食っとるで』って言われちゃいました」と明かして笑わせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ