稲垣吾郎31年ぶりの朝ドラ出演でファン歓喜 「今日からスカーレット観ます」「青春家族また観たい」

 俳優の稲垣吾郎(46)がNHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演することが22日、同局から発表された。稲垣の朝ドラ出演は、15歳だった1989年前期の「青春家族」以来、31年ぶり2度目。このニュースにネットも沸き、SNSには歓喜する稲垣ファンのコメントがあふれた。

 稲垣が演じるのは、ヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香、31)の長男(伊藤健太郎、22)が病気になった際の主治医、大崎茂義。親子を支える役どころで、物語終盤となる3月上旬の第22週から登場するという。

SNSには多くのコメントが殺到。「吾郎さんのうれしいニュース」「スカーレットに吾郎ちゃん。うれしいね。楽しみ楽しみ」「3月を楽しみに今日からスカーレットを観ます」「朝に楽しみが出来るって嬉しい」「青春家族で出会った吾郎ちゃん。30年後に素敵な大人の男性になった吾郎さんをまた朝ドラで観られるなんて…」など、稲垣の出演を喜ぶものや、祝福する書き込みなどがズラリと並んだ。

 また、このニュースを受け、同日「青春家族」もツイッターのトレンドに入った。「青春家族」は女優の清水美沙(49)といしだあゆみ(71)の2人が主演を務めた朝ドラ。清水が娘、いしだが母親役を演じ、その家族がさまざまな問題にぶつかりながら成長していく姿を明るいタッチで描いた。稲垣は清水の弟役として出演した。

 ネットには当時の稲垣を懐かしむコメントも数多く寄せられ、ツイッターには「青春家族の吾郎ちゃんは、とても可愛い少年だった。また観たいなぁ」「ワンシーンでも良いから、声変わりする前の吾郎さんが観たいw」「なんか線が細くて綺麗で、今のみっちーみたいな雰囲気だったなー」などの声。なかには「この勢いでNHKさんに『青春家族』の再放送を要望しました!」という熱いファンの投稿もあった。ちなみに、この「青春家族」には、珍しいところで、タレントの所ジョージ(64)も出演しており、ドラマ通のネットユーザーからは「31年前の朝ドラ『青春家族』には、稲垣吾郎少年だけでなく、所ジョージも出ていた。所ジョージも久方ぶりに朝ドラに出てくれないかな?」という声も届いた。

 稲垣は同局のHPに「連続テレビ小説への出演は1989年の『青春家族』に出演して以来、約30年ぶりとなりますので大変感慨深いものがあります。喜美子と息子・武志の支えとなる医師をしっかり演じていきたいと思います」というコメントを寄せている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ