テレ東だから許される!? SNS誤爆で情報流出と思わせ…実は宣伝、一部で不快感も

 情報流出を心配したら、実は“釣り”だった-。不祥事に見せかけて注目を集めるテレビ東京の宣伝方法が、大成功を収めた。ネットでは、SNS世代に訴える手法が称賛されているが、不快感を示す人もいるようだ。

 同社のツイッターとLINEの公式アカウントは23日、「みなさんお疲れ様です! 1月24日(金)、25日(土)のロケスケジュールになります」などのメッセージとともに、撮影のスケジュール表とされる資料を投稿した。メッセージの末尾には制作担当者とされる人物の名前が記されていた。

 スケジュール表には出演者するタレントらの名前や、具体的なロケ地や滞在時間などが細かく書かれており、ツイッターでは「テレ東のスタッフがLINEに誤爆(送信相手を間違えること)してるぞ」「スケジュール漏れはまずいのではー?? 早く消した方が良いですよ!!」などと情報流出を心配する声が相次いだ。

 しかし“流出”から数時間後、同社のアカウントは「先ほどはお騒がせ致しまして申し訳ございません!」と投稿し、あえてロケの日程を“流出”させることで視聴者と触れ合う機会を作る、新しいコンセプトの旅番組の宣伝だったと明かした。

 これを受けて、ツイッターでは「やっぱテレ東、頭ぶっ飛んでて好き」「誤爆かと思ったらそういうやり方か テレ東やっぱり面白いな」「テレ東しかできない芸当(ほめてる)」「ヒヤヒヤ感を逆手に取って、『テレ東』だから許してあげたいという局の個性まで考えての戦略だとしたら…何て面白い企画なんだろう…」などと、斬新な宣伝方法を称賛するコメントが相次いだ。独創的な番組を作る同局の企画力が、SNSでも多くの人を巻き込んだというファン視点の意見だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ