欅坂センター平手「卒業」ではなく「脱退」を選んだ理由とは? 元でんぱ組・最上が説明

 欅坂46のセンターを務めた平手友梨奈(18)が23日、グループからの脱退を発表した。突然の発表にネットも騒然となったが、なかでも話題となったのが、平手が「卒業」ではなく、「脱退」という表現を選んだことだ。その理由についても「いつか自分が話したいと思ったときにお話しさせていただく」としており、その真相は明かされていない。そんななか、でんぱ組.incの元メンバーで、タレントの最上もが(30)が同日、自身のツイッターを更新し、「脱退」と「卒業」の違いについて持論を述べた。その内容にさまざまな声が寄せられている。

 2017年8月にでんぱ組.incを脱退している最上はツイッターで「卒業と脱退の違いの話で、ぼくは”脱退”、(夢眠)ねむは”卒業”したけれど、続けたくても身体的にも精神的にも限界だったために、抜けざるを得ないという選択を自らしたので、どうしても卒業という表現ができなかった」と投稿。そのうえで「ねむはちゃんと今後のことを見据えて決めていた、の違いかなって」と結び、自身の考えを説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ