「W森岡」に大爆笑!RG激似のサンスポ・森岡記者、1日限り!?の“吉本芸人”デビュー

 サンケイスポーツ芸能担当の森岡真一郎記者(62)が多彩なものまねで人気のお笑いタレント、レイザーラモンRG(45)と新コンビ「W森岡」を結成し、25日、京都・よしもと祇園花月で行われたトークライブに出演。“吉本芸人”デビューを果たした。森岡に寄せたRGと本人が並ぶと会場は爆笑の渦に。RGのあるあるネタと森岡の際ど~い芸能情報で盛り上がった。

 「それでは本物のサンケイスポーツ森岡さんで~す!」

 本番前に頭をそり上げ、森岡になりきったRGが呼び込むと、似すぎた容姿に会場は大爆笑。森岡は満席の約500人を前に「(本来の相方の)HGさんじゃなくてすみません」と恐縮したが、その後は舌好調でしゃべり倒した。

 この日のライブは、祇園花月に月1回出演するRGが「芸能界の“あるある”をやりたい」と、ものまねをする森岡に提案したことから実現。RGは壇上で「ノーツイッター、ノーSNSでお願いしますよ!」とディープな情報を暴露すると予告。RGがあるあるを歌い続け、その合間に女と男のツッコミ担当、市川義一(39)が芸能リポーター、井上公造氏(63)にふんして芸能情報を挟み、森岡がコメントする形で進行した。

 森岡は「俳優Iが東京五輪前に結婚するかも」など、とっておき情報も披露。闇営業問題の雨上がり決死隊、宮迫博之(49)や麻薬取締法違反罪で逮捕された沢尻エリカ被告(33)らの際どい裏話も飛び出し、RGは「際どい話の時は皆さん聞き入るねぇ」と感心しきりだ。

 一日限りの出演予定だったが、RGは「芸能ネタはまだまだある。強い味方サンケイスポーツもいるわけですし、またやりましょう!」と宣言。「W森岡」が京都名物になる日も近い!?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ