沢尻エリカ被告に懲役1年6月求刑「女優復帰考えていない」

 自宅マンションで合成麻薬MDMAなどを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優、沢尻エリカ被告(33)の初公判が31日、東京地裁で開かれ、沢尻被告は「間違いありません」と起訴内容について認めた。検察側は懲役1年6月を求刑した。判決公判は2月6日に行われる。

 起訴状によると、昨年11月16日に東京都目黒区の自宅マンションで、カプセルに入ったMDMAを含む粉末約0・19グラム、LSDを含む紙片約0・08グラムと液体約0・6グラムを所持したとしている。

 所属のエイベックスは30日、近況について文書で「医療機関において専門家の指導の下、更生にむけて治療などに励んでおります」と発表。昨年11月16日に逮捕され、同12月6日に警視庁東京湾岸署から保釈後、そのまま東京都内の病院に入院。治療以外にメンタル面のケアも受けた。

 送検や保釈時は車内をカーテンで覆うなどして一切表情を見せなかった沢尻被告。この日は黒のパンツスーツに白色のブラウス、黒髪をポニーテール姿にして法廷に姿を見せ、冒頭で「職業は無職です」と述べた。

 今回の事件でNHK大河ドラマ「麒麟がくる」を降板するなど多方面に損害を与えた沢尻被告。被告人質問では、事件によって撮り直しを余儀なくされたことに対しても謝罪の弁を述べ、「家族にも辛い思いをさせた」と反省。交友関係の見直しを約束するとともに「女優復帰は考えていません」とも語った。

 また、この日の公判では傍聴希望者も殺到。東京地裁は同日午前、隣接する日比谷公園でリストバンド式の傍聴整理券を交付し、19の一般傍聴席を求めて2229人が列を作り、倍率は117・3倍だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ